暖房器具は種類によって暖め方が違う!インテリアにもなる壁掛け暖炉

暖房器具には、暖め方の違いによっていくつかの種類があります。その特徴をよく理解した上で、最適な器具を選ぶことが大切です。こちらでは、暖房器具の種類について紹介いたします。

メインの暖房器具としての対流式

メインの暖房器具としての対流式

最も一般的なものは対流式と呼ばれるものです。エアコンやストーブ、ファンヒーターなどがこれにあたりますが、空気を暖めて循環させることによって部屋を暖めていく方式のことを言います。

他の方式に比べて部屋全体を暖めるのに適しており、部屋のサイズに合わせてパワーを選ぶ必要があります。種類も多く、部屋のサイズに比べてパワーが小さいと十分な暖房効果を期待することができませんので注意が必要です。壁や柱を暖める効果は低いために、寒く感じてしまうこともあります。

体の芯から暖めてくれる輻射式

体の芯から暖めてくれる輻射式

最近人気があるのが、輻射式と呼ばれる暖房器具です。これは空気を暖めるのではなく暖房器具が発生する熱(遠赤外線)によって直接体を暖かくさせる方式のことを言います。オイルヒーターや遠赤外線ヒーター、蓄熱式暖房などがこれにあたります。

輻射式のメリットは空気を対流させることがないので部屋を汚すことがないことと、すぐに効果を発揮し体の芯から暖かくしてくれることです。遠赤外線ストーブであれば消費電力も少なく経済的というメリットもあります。

その反面、部屋全体を暖めることができないので、一人で一か所に座っているようなときに使うと便利な暖房方式です。

小さなお子様がいるご家庭で重宝する伝導式

暖房器具に直接触れることで暖めてくれる方式もあります。これを伝導式と言い、ホットカーペットや電気毛布などがこれにあたります。湯たんぽなども伝導式です。

部屋全体を暖める効果は弱く、体の芯から暖めることもないので、補助的な暖房器具として使われることが多いです。しかし、空気を汚さないということや、火事の心配がないので小さなお子様がいる場合に重宝します。

このように、暖房器具には対流式・輻射式・伝導式の3つの方式がありますが、機能だけでなく経済性やデザイン性なども考慮して選ぶことが大切です。

ESSE JAPAN KOBEで販売する壁掛け暖炉は、部屋に「炎を飾る」という従来のどの暖房器具にもなかったコンセプトで開発されており、お客様の冬の生活を暖かく彩ります。

ブラックガラスの気品あるデザインはインテリアとしてもおしゃれに飾ることができ、自宅にはもちろん、事務所などにもおすすめです。壁掛け暖炉をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

インテリアとしてもおしゃれな壁掛け暖炉

サイト名 ESSE JAPAN KOBE
住所 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通4丁目1−15
TEL 078-367-7687
E-MAIL info@firewall.love
URL https://firewall.love/