寒い冬に大活躍するガスストーブ

寒い冬には、ガスストーブが大活躍します。様々な暖房器具がある中でガスストーブは人気が高いですが、その理由をご存知ですか?こちらでは、ガスストーブのメリットをご紹介します。

すぐに暖かくなる

すぐに暖かくなる

ガスストーブは、すぐに部屋を暖かくしてくれる冬の必需品です。起動してから熱空気が出るまでの時間がとても短く、短時間ですぐに部屋の隅々まで暖かい空気を運んでくれます。

ガスファンヒーターや暖房のように間接的に暖めるのではなく、直接熱風を出してくれますので、暖まるまで寒いと感じることはありません。足先が冷たいのであれば、ガスストーブに足を持っていけばすぐに暖めてくれます。

さらに、場所を移動させることができるので、部屋を移動する際に持ち運べば常に暖かい空気を感じることができるのです。外気の温度などに影響されることなく、しっかり効果を発揮してくれます。

こまめなメンテナンス不要

石油ストーブや石油ファンヒーターの場合だと、給油しないと動きません。灯油が切れてしまうと買いに行き、重たい灯油を持って帰り自分で給油する必要があるのです。それだけでも凍えてしまいそうですし、何より時間がかかってしまいます。暖かくするためのものなのに、外出して買いに行くことで凍えてしまうのであれば元も子もありません。

その点ガスストーブであれば、面倒な給油もなく、直接ガスを送り込むことができるので、ガスが止まりさえしなければメンテナンスなしで使い続けることができ、常に心地よい暖かさを提供してくれるのです。

ガスストーブは嫌な臭いがしない

ガスストーブは嫌な臭いがしない

石油ストーブや石油ヒーターは、灯油独特の嫌な臭いが部屋中に漂ってしまうことは避けられません。灯油が燃えるときの臭いはくさいだけではなく、人体やペットの健康にもあまり良くありません。さらに、部屋中に臭いがこもり、家具に移ってしまう可能性もあります。

その点ガスストーブは灯油を使わないため、動作中も点火時も消火時も嫌な臭いを発することがないのです。石油ストーブなどで臭いを発生させる原因ともなる不完全燃焼を起こす心配がないので、常に無臭で部屋を暖めてくれます。もちろん、人体やペットの健康にも害はありません。

様々なメリットがあるガスストーブですが、近年ではデザイン家電が多く、インテリアとしてもおしゃれに設置することができるガスストーブもあります。その中の一つに、壁掛式ガスストーブがあります。

ESSE JAPAN KOBEで販売する壁掛式ガスストーブ「Firewall」は、英国の老舗ストーブメーカーESSE社の製品です。日本のガス協会が定める安全基準をクリアできるよう独自に開発し、日本仕様のFirewallを完成させました。

キャタリックコンパスターシステムにより煙突なしでも排気をクリーンにするため、部屋の空気が汚れる心配はありません。微量なガスで灯されるため、ランニングコストも低いのが特徴です。エコスマートな壁掛式ガスストーブを、ぜひお買い求めください。

ESSE JAPAN KOBEでは壁掛式ガスストーブを販売

サイト名 ESSE JAPAN KOBE
住所 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通4丁目1−15
TEL 078-367-7687
E-MAIL info@firewall.love
URL https://firewall.love/