危険から遠ざけてガスストーブを使用するには

近年おしゃれなガスストーブが増えていることから、ご自宅に設置している方は多くいらっしゃるでしょう。ガスストーブは、正しく使わないと事故が発生してしまうことがあります。こちらでは、ガスストーブの使い方について紹介しますので、ぜひご参考ください。

使い方を間違うと危険

使い方を間違うと危険

ガスの配管で繋がれているガスストーブは、石油ストーブのように燃料を補充する必要がありません。電源を入れると、勝手に供給してくれます。そして起動が早く、すぐにお部屋を暖かい状態にしてくれます。

石油ストーブのように起動する時に臭いが出ることもありません。また水蒸気が発生するので、暖房器具を使用する冬場につき物である乾燥の心配をしなくて済みます。

このように便利な点がいくつもあるガスストーブですが、正しい使い方をしないと火災になる危険性があります。その原因となる代表的な例を知っておいて、気を付けるべきポイントを把握しておいてください。

ガスストーブにまつわる事故

ガスストーブはその性質上、近くに燃えやすい物があると簡単に火がついてしまいます。洗濯物を乾かすために上に濡れた洋服を置く人もいますが、それは危険なことです。

そして火気厳禁という表示がされたスプレーなどがガスストーブと合わさって火災になった例もあります。なぜ火気厳禁の表記がされているのかを、今一度確認してみてください。

また電源を切り忘れてしまうと、火災の他に身体にダメージを与えてしまう怖れがあります。居心地が良くても、付けたまま眠らないようにしましょう。説明書で指示されている使用方法をしっかりと守っていれば、危険な状態になってしまうことはほぼありません。

ガスストーブを安全に使用するには

ガスストーブを安全に使用するには

ガスストーブを使用する場合は、一酸化炭素中毒になるのを防ぐために換気が欠かせません。暖かい空気を外に逃がしてしまうことになりますが、必要なことです。そしてガスを送るチューブは必ずガス専用のものを使用してください。

別のタイプを選ぶとガスが漏れてしまうことがあります。回りに燃えやすい物がないかを確認してください。 また暖かいと気付かない内に眠ってしまうこともあり得るので、あらかじめタイマーをセットしておくのも安全策のひとつです。もしタイマーが付いていない場合は、早めに電源を切って、別の方法で暖をとるなどの対策が必要です。

正しい使い方をしていれば、ガスストーブは安全に利用することができます。機能だけでなく、デザインにもこだわりたいという方は、おしゃれなガス暖炉を販売するESSE JAPAN KOBEをご利用ください。

高級感のあるブラックガラスの中では本物の炎が揺らめき、シンプルながらも洗練された美しさを持つ壁掛けガス暖炉を販売しています。壁掛け式のため場所を取らず、他の家具とバランスを取ることができます。おしゃれなデザイン家電をお探しの方は、ぜひESSE JAPAN KOBEの壁掛けガス暖炉をご検討ください。

おしゃれなガス暖炉を販売するESSE JAPAN KOBE

サイト名 ESSE JAPAN KOBE
住所 〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通4丁目1−15
TEL 078-367-7687
E-MAIL info@firewall.love
URL https://firewall.love/